木で作る手作りアクセサリー(ネックレス・ブローチ)

年末の年始の連休中に追加のネックレスを作った。

今回はヘアーアクセサリーの他にネックレス4個・ブローチ1個を娘のアクセサリーコレクションに追加した。

その1:貝殻のネックレス(ナラの木)


ナラの木を削って、娘が貝殻の形のが欲しいと言っていたので、削ってアサリの形をイメージして作ってみた。

木製ビーズはアクセントで装飾。

その2:三日月のネックレス(山桜の木)

山桜の木を削って細い三日月をイメージ。
ちょい大きめのビーズ1個をアクセントに、もう一つは紐の長さ調整用のビーズ。

その3:三日月のネックレス大(立体的バージョン)


大きめの立体的な三日月って言われたので、曲面的に削って作成。
年輪を中心にしたので、木目が非常に月の形にマッチングした。

同じく、中玉のビーズをアクセント。

その4:雫のネックレス(花梨・カリン)


雫っぽい形がをイメージして削ったカリンのネックレス。
装飾ビーズを付けて可愛くしてとの事で木のビーズで装飾して、パステルピンクの紐にした。

その5:星のブローチ(山桜の木)


年輪を中心に星型のブローチが欲しいって言っていたので、削ってみた。
星を立体的にするは非常に難しかったけど、なんとか可愛く作ることが出来た。

仕上げにピンを裏側に付けて完成。

木の種類によっても仕上がりの色合い・雰囲気が異なるので、同じ様な形でも全く違う物になるので、娘も喜んでくれた。

特に桜の木とカリンがお気に入り。

今度は黒檀とか紫檀など、今まで使ったことのない木で作ってみたいなって思う。

木工工具などが無く、削り出しなので非常に時間も労力もかかるが、無心にモクモクやるのも、意外とストレス解消ってになって良いのかも。

また、手作り物を作ると非常に喜ぶ娘の姿が見れるのと、なんでも買えば済むってことじゃなく、自然のあるものをおそ分けしてもらって作るの事を育児の面で教えられるのは僕的には非常に良いことだと思って続けている。

そして、なんでもポイポイってアッチコッチに散らかすのではなく、ちゃんと大事にしまうって整理整頓・物を大事にする様になった。